おちあいろう

伊豆天城湯ヶ島
二本の川が合流する
狩野川の畔に佇むおちあいろう

四季折々の表情で彩る豊かな自然
山の恵みから湧き出る温泉
趣と品格のある贅沢な空間が
至高のひとときへと誘います

お問い合わせ

+81 558-85-0014 ご予約・空室状況をチェック

深緑に包まれて、身も心も解きほぐす特別な一日

山中で迎える朝は格別、疲れをほどくような癒しの湯
山中の恵みをふんだんに用いた旬の料理
「おちあいろう」ならではのおもてなしが、みなさまの非日常を贅沢に彩ります

  • 客室の画像
    客室 本館1階「葵」日中は山の自然を、夜は美しく照らされる庭園を愉しめます
  • 温泉の画像
    温泉 「天狗の湯」天城湯ヶ島の硫酸塩泉と、狩野川の眺望が疲れを癒します
  • コーヒーの画像
    香り立つ挽きたてのコーヒー清々しい空気の中、日常では得られない贅沢なひとときを
  • 食材の画像
    四季折々の旬な食材季節を贅沢に味わう、丹精込めて丁寧に作り上げるお料理
  • ラウンジの画像
    ラウンジ揺れる灯火を眺めて、ワインや地酒をお好きな時間にどうぞ
  • 建造物画像
  • 大広間の画像
  • 建造物画像

明治七年創業
国の有形文化財に登録された
宿泊施設

明治時代には田山花袋、島崎藤村、蒲原有明、武林無想庵、木下杢太郎が訪れ、大正時代には川端康成、梶井基次郎、昭和初期には若山牧水、北原白秋と、名だたる文人墨客が足繁く訪れました。彼らが滞在していた当時の息づかいが作品に収められ、今なおその趣を伝えています。

そして2019年10月、古き良き建物を残しながらリニューアルオープン。
末永く愛される宿を目指し、これからも伊豆の地に在り続けます。

お客様の声

アクセス

〒410-3206 静岡県伊豆市湯ヶ島1887-1

Google Mapで見る

車でお越しの方

新東名高速道路「長泉沼津IC」または、東名高速道路「沼津IC」より約45分。

新東名高速道路「長泉沼津IC」または、東名高速道路「沼津IC」から伊豆縦貫道、伊豆中央道、修繕寺道路、国道136号、414号を経由し、市山交差点の50m先を右折。
道なりに進み、西平橋を渡り100m先正面に「おちあいろう」の門がございます。

電車でお越しの方

  1. 東京都内からお越しの場合

    東京都内からのアクセス画像
  2. 大阪府内からお越しの場合

    大阪府内からのアクセス画像